閑静な住宅地と歌劇の街|信頼できる工務店を探そう【理想の家を建ててもらえる】
つみき

信頼できる工務店を探そう【理想の家を建ててもらえる】

閑静な住宅地と歌劇の街

エクステリア

人口増が続く

宝塚市は、阪神地区北部にある特例市です。北には六甲山系や長尾山系の山々が連なり、南には阪神一の水脈である武庫川が流れる自然豊かな街として知られています。古くから大阪・神戸のベッドタウン化が進んでいましたが、宝塚市がその名を馳せたのはなによりも「宝塚歌劇団」の本拠地「宝塚大劇場」があることでしょう。その大歌劇場は閑静な住宅地に近接し、落ち着いた街並みに溶け込んでいます。鉄道はJRと阪急が乗り入れし、国道176号線をはじめ県道や市道が市内一円に張り巡らせた宝塚市は、交通の便が良く、しかも住環境の良さもあって人気の都市です。そのため人口増が続き、この傾向はさらに進むとみられています。そこで古くからの住宅地である市内南部の武庫川周辺だけでなく、北部に広がる山地を切り開いたニュータウンに住宅希望者の熱い注目が集まっています。

条例による規制がある

宝塚市は、分譲マンション希望者にとっても一戸建て希望者にとっても比較的満足できる物件数があると言われています。中でも一戸建ては、宝塚駅周辺の南部地域だけでなくニュータウンにも多数あり、ファミリー世帯に高い人気です。ただし気をつけなければならないのは、宝塚市は条例により住宅の敷地面積に規制があることです。駅周辺の南部の武庫川周辺地域は「第一種中高層住居専用地域」に指定されており、ここでは一戸建ての敷地面積が100平方メートル以上必要です。また北部のニュータウンは「第一種低層住居専用地域」に指定されており、こちらの一戸建ての敷地面積は150平方メートル以上とされています。なお、南部地域の平均敷地面積は100〜120平方メートルの物件が多く、新築一戸建てが3000万から4000万円台、中古では2000万から3000万円台がボリュームゾーンです。北部ニュータウンでは敷地面積150から200平方メートルが多く、新築一戸建てが3000万円台、中古では2000万円台の物件が多数紹介されています。